TOP > 最新釣行情報 > 最新釣行情報(2017) > 最新釣行情報(2017/08/20)
NHさんの釣果 5人の釣果
私の釣果 私の持って帰った釣果
実釣中の私の竿 夕暮れの高島
釣行日
2017年08月20日 日曜日 PM3時〜AM0時
天候 晴れ
船宿・渡船 島根県浜田市原井町浜田漁港 磯辺丸
釣り場所
島根県浜田市津摩町沖津摩沖
魚種 マダイ・ヒラマサ・イサキ・アジ・ケンサキイカ
仕掛け
イサキ 竿 FUNE IL V64 30−310
リール HYPER TANACOM 500Fe
道糸 PE4号 200m
リーダー SYSTEM SHOCKLEADER FC12号3m
天秤 L型天秤60cm
カゴ 牛深カゴS
オモリ 60号
幹糸 8号、全長4ヒロ、間隔1ヒロ、1ヒロ、2ヒロ
ゴム クッションゴム3mm 1m
ハリス 6号30cm
蛍光玉 蛍光玉ソフト タイプ8H 2号
ハリ 金南方グレ12号×3 3本ハリ
イカ スッテ 竿 フカセ真鯛 KUWASE 30−240
リール SEABORG 200J
道糸 PE3号 200m
リーダー SYSTEM SHOCKLEADER FC12号3m
中オモリ 舵付オモリ 15号
水中ライト 水中集魚ライト S型−G
幹糸 クロ秘伝 6号、全長10.7m
間隔 0.8m、1.3m×7、0.8m
ハリス クロ秘伝 3号12cm
スッテ グリーン、ホワイトグリーン、イエロー、ピンク
濃いグリーン、グリーン、ピンク
スーパー浮スッテ布巻 2.5号、8本スッテ
泳がせ 竿 FUNE IL V64 30−310
リール HYPER TANACOM 500Fe
道糸 PE4号 200m
リーダー SYSTEM SHOCKLEADER FC12号3m
天秤 トリプルサルカン 3/0号
ハリス 船ハリス 20号1.3m
ハリ 親:超青物カン付ゴールド20号
孫:船ヒラマサ16号
捨て糸 4号40cm
オモリ 60号
水深・タナ
津摩沖 60m〜72m
エサ
イサキ コマセ オキアミボイル 2.0kg
付けエサ オキアミボイル2L 1.0kg
イカ スッテ コマセ なし
付けエサ なし
泳がせ コマセ なし
付けエサ 活きたイカ
釣果
マダイ 1枚
イサキ 35cm 1枚
34cm、32cm 2枚
28cm、27cm、26cm×2 4枚
22cm、20cm 2枚
ウマズラハギ 31cm 1枚
ケンサキイカ 胴長 13cm〜40cm 35杯 泳がせのエサ使用含む
大潮 満潮 10:37、23:27  干潮 18:28
潮流
イサキ 南西(高島) から 北東(浜田)へ ゆっくり または
殆ど流れず
イカ スッテ 南西(高島) から 北東(浜田)へ ゆっくり または
殆ど流れず
泳がせ 南西(高島) から 北東(浜田)へ ゆっくり または
殆ど流れず
北東 のち 南東 2m〜3m 
海況 1.0m 
海水温 28.3℃
釣り座 左舷艫
参考釣果
マダイ 57cm、30cm×2 3枚
イサキ 23cm〜38cm 29枚
レンコダイ 30cm 1枚
ケンサキイカ 胴長 13cm〜38cm 130杯
メモ
 この日は、先日の夢をもう一度ということ、本日も日本海は、凪だということで、我々は、浜田市原井町浜田漁港の磯辺丸にて、イサキ仕掛釣りのマダイ、ヒラマサ、イサキ、大アジ狙い、夜のケンサキイカ狙いで釣行してみることにしました。
 イサキ仕掛釣りのポイントに到着して直ぐに風は、北東の微風が吹いており、さらに、潮は、ゆっくりと浜田方向へ流れていましたので、イサキ仕掛けにて実釣を開始しました。
 第1投目から同行のNHさんに当たりがあり良型マダイをGetされておりましたが、私には、全く当たりがありませんでした。
 そして、第2投目以降は、エサ取りと2枚潮の影響で苦戦を強いられることとなりました。
 その後、ポイントによっては、エサ取りの猛攻に苦しみながらの実釣となりましたが、そんな中でも、コマセを全く振らない釣法にて、何とか中型イサキをGetすることが出来ました。
 さらに、その後、夕先ず目に、マダイ、ヒラマサに期待をしましたが、全く当たりがないままにエサ釣りの終了となりました。
 そして、PM7時前頃からは、イカのポイントに移動し私は、イカスッテ仕掛けでケンサキイカ狙いで実釣を開始しました。
 すると、第1投目に、仕掛けを投入し着底してから数回誘いを掛けると、当たりがありケンサキイカをGetすることが出来ました。
 さらに、釣ったイカを泳がせてみましたが、フグに食われただけで大物からの当たりは、ありませんでした。 
 何時ものことですが、イカが釣れても釣れなくても、我を忘れて実釣していると、きりがないということで、心地よい疲労感と共に納竿としました。
 本日の教訓として、イサキ釣りでは、1.如何にエサ取りを避けるかということ、2.コマセの出し方が重要であること、3.棚の取り方が重要であること、4.潮が動かなければ何も始まらないということ、5.柔らかい竿が有利であること、6.リーダー接続に自信が持てたことでライトタックルを実現出来たこと、7.時合では、お祭りしないこと、など痛感した次第です。
 本日は、船釣り(沖釣り)で以下のようなことをやることが出来て、
1. イサキ釣り
2. イカ スッテ釣り
3. 泳がせ釣り 撃沈
4.
5.
6.
マダイ、イサキ、ウマズラハギ、ケンサキイカをGetすることが出来ましたが、納得のいくような釣果ではありませんし、かろうじてボウズ値がクリア出来ただけでも良しとするしかないでしょう!!